ワンコ 一覧

2007-09-14_09-23-31.jpg

昨日の午後、メイちんが息をひきとりました。

13歳8か月でした。

チワワという犬種で考えると、もうちょっとそばにいてくれるかなあ?とぼんやりと思ってはいたのですが、1年ほど前くらいから痴呆が急にすすみ、旋回や突進、狭いところに入って出られない、などの行動が日常的に繰り返されていました。

おそらく突進時に頭を強打した際に水頭症になってしまったらしく... 去年の夏くらいからは旋回運動もひどく、歩行困難でトイレでの排泄もままならず、起きぬけにはしばらく動けないし目も半分閉じたまま朦朧としていたり・・・かなりつらそうでした。

それでも食欲はあったし、名前を呼ぶと辿りつけないにしてもちゃんと反応して一生懸命こちらに向かおうとしてたし、まだ一緒にいられるものだと思っていたんだけれども。


「あのとき、ああしてやればよかった」 などの後悔はかならずあるもの。

きなのときもそうだったけれど、今回も私の中ではいろんな思いがあって、やっぱりすぐには乗り越えられないかなあ?

しゃべることのできない犬に対して、「これだけしてやったからじゅうぶん!」なんてことはないと思うし。


だけど、最期の半年は相当キツかったに違いないメイ自身のことを考えると...いつか必ずやってくるときが、来るべくして来てしまった、と考えるしかないのかなあ?

いろんなこと考え出すともう頭の中グチャグチャになってきて、自分でも何が言いたいのかよくわからなくなるのですが... とりあえず、いますべきことはちゃんと見送ってあげること。


3~4日は持ちそうなくらいのドライアイスを買ってきたので、ほんとはできるだけ長く安置しておきたいけれど、早くしてあげないとね。

なので、明日火葬してちゃんとお別れしてきます。


きなを失ったとき、乗り越えられたのはメイがいてくれたから。

そのメイを失って、やっぱりものすごい喪失感に襲われてしまっているけれど、

つらい気持ちを感謝に変えて、きなのことのように笑顔で思い出せる日がかならず来るはずだよね。


メイ、13年間ずっとそばで見守ってくれてありがとう。

うちの子になってくれて、ありがとう。


どうぞ、安らかに。


ありがとう!

昨日、子供たちに「明日は何の日でしょう?」と聞くと、「なんだろう??」と首を傾げてましたが・・・

たぶん忘れてるだろうなーと思ってたMasaが「きなの命日やな」って答えてくれました。 ハイ、正解 

 

今日はきなりんの3回忌です。

あ、覚えててくれたんだーってちょっと嬉しかったな

 

きな 

 

ちょっとボケてるけど、カメラを向けるとかまえて変な顔になるきなが、割と自然な表情で写ってる写真を貼っときます(笑)

亡くなる1ヶ月くらい前のなので、もうだいぶ痩せててあたまがとんがってますが

 

kina2.jpgこれも同じころに撮った息子とのツーショット。 

このときまだ2歳だった息子は、本当はたぶんあまり覚えてないと思うんだけど、一緒にうつった写真を見ては「きな、かわいかったね!」「きな、やさしかったね!」と言ってます。

それがたとえ私が刷り込んだ記憶だとしても・・・(笑)。うん、覚えててほしいなー と思うのです 

  

きなは、本当に素晴らしい犬でした。一緒に過ごした13年間の思い出は、私の生涯の宝です。

いまでも思い出すとたまに涙ぐんでしまうし、最期のことは涙なしには語れませんが、そんなことも含めてぜんぶ私の大切な思い出です。

でもやっぱり、きなの話が我が家で出てくるときのみんなの顔は、涙より笑顔のほうが断然多いかな

 

今日も、とびきりの笑顔で、

ありがとう

昨日、きなの火葬が無事にすみました。

メールやメッセージをくださったみなさん、個々にお返事できず申し訳ないですが、とても嬉しかったです。
コメントしづらい記事だと思ってコメなしに設定したのに、心あたたまる言葉をたくさんいただけて、私もきなも幸せです。本当にありがとうございました。

続きを読む

ありがとう。

今日の午後1時半すぎ、きなが息をひきとりました。

きな、安らかに眠ってね。
13年間、一緒に過せて幸せでした。
たくさんの愛を、ありがとう!

脱水症状、すすむ

昨日は舐める程度でも水分を摂ってくれてたきなですが、今日は全く口をつけようともしません。
尿もまた出なくなり、下痢状の血便が続いてます。
呼吸するのもしんどそうで、息を吸うときにブルブル震えてる感じです。



このままでは衰弱する一方なので、先生に電話してみました。
「もう何やっても同じだから・・」と言われるかな?と、ちょっとドキドキしながらかけたのですが、先生は「やれることは何でもやってみよ」と言ってくださいました。

「明日は主人を関空まで送りに行くので、義母に一晩みてもらうつもりだったんですが、この状態では心配なので、点滴でもしてもらったらちょっとでも良くなるのかなあと思って・・」と告げると、「今日は夜までいっぱいやから無理やけど、それなら明日預かるから連れておいで」と言われました。

入院してちゃんと診てもらって少しは元気になったら、また薬が飲めるようになるのでは?と思ったので、それなら1日預かってもらおうと、「じゃあ、明日の夕方に連れて行きます。明後日に迎えにいきます。」と言うと、「まあ・・きなちゃんの状態をみてみて、1日で連れて帰ってもらえるかどうかはわからんけど・・」と言われました。

前回のアレルギーやムスコの例の咳がまた出たら?と思うと怖いので躊躇してしまったのですが、私たちのほうはちゃんと対策しておけば大丈夫かもしれないので、きなのことを第一に考えて最善だと思える方法を先生と相談したいと思います。
でも、できるだけ明後日には家に連れて帰る方向で、お願いしてみようと思います。

決心

しばらく安定してたきなの病状がまたここ2~3日で急激に悪化してます。


今までの経過をメモ風にまとめます。
前回のエントリーは10/3なので、その後を・・・

10/6 きな面会 2日前に便が固まったそうだが、再び悪化したとのこと。
薬を変えたらそのときだけ効くが、すぐに戻ってしまうらしい。
10/9 先生からきなを迎えに来て欲しいとの電話が。
どうやら、次の入院予定があるらしいが、
大型犬ケージが1つしかないため、一時帰宅してほしいとのこと。
2日後に七五三参りの予定だったので、終わり次第迎えに行くことに。
10/11   夕方、きなを迎えに行く。
長期入院してたため、汚れていたので何度も洗う。
私の動物アレルギー発症。結構重症だったのでアレルギー薬服用するがあまり効かず。
ムスコの咳もひどく、喘息が発症したのではないかとかなり心配しました。
10/15 ここ2日くらい、下痢が治まって便が固まってた!
こんなに固くて良い状態の便はいつぶりだっただろう?
トイレに行く回数も減り、夜中も起こされなくなった。
きなの薬が切れたのでもらいに行く。帰ってきて薬を見ると、この前は7種類だったが6種類しかない。
仕方ないので6種類だけのませて様子を見ることに。
私のアレルギーもだいぶマシになる。
ムスコの咳も治まった。ただの風邪だったのか、軽症の喘息だったのかはわからない。
10/16 再び下痢・嘔吐する。
夜中に起こされることはなかったが、液状の便しか出なくなってしまった。
10/17 きなの下痢は悪化する一方。
やはりこの前もらってきた薬が不足してたせいかもしれないと、病院に不足分をもらいに行く。
10/18 前(良い状態になったとき)と同じ薬をちゃんと与えてても回復せず。
10/19 深夜、階段上で激しい下痢。
それを皮切りに、夜中何度も下痢を繰り返す。
10/20 前日よりも症状は酷く、下痢ばかりで尿も出てない脱水状態。


一昨日の深夜1時頃、寝室で眠っていたきなが起きて、いつものようにトイレに行きたがりました。
そしたら階段の上のところで足を止めてしまい・・そこで下痢。
かなり大量だったため、片付けるのも大変でしたが、きなが「ああ、やってしまった・・」という感じで悲しそうな目で見てるのも辛かったです。

最近、体力が落ちてきてるので、階段の上り下りもできないことがあり、この日はMasaに抱っこして2階に上がってきてました。
やはり階段は無理があるのか?と、昨日は寝室に行かずにリビングで寝ようと思ってたのですが、就寝時間になるときなが2階に行きたがったので、やはり寝室で寝ることに。

きなはよろよろして途中で何度も止まりながらも、なんとか自力で2階まで上がりました。
12時頃寝室に入ったのですが、1時過ぎには下痢で降りてきて、そこから何度も下痢・嘔吐を繰り返し、殆ど眠れずでした。
私自身もまだ治らない風邪ときなの汚物に誘発された嘔吐で弱っていて、精神的にもかなり滅入ってました。

立っててもフラフラしてて、何もないところでよろけて転んだりもしてる。
体はホントに骨と皮だけになってしまった感じ。
一向に良くならないきなの病状・・・。
「Masaはあと3日でいなくなってしまう・・
きながこんな状態で毎日眠れず、もし私が倒れてしまったら、子供たちの世話は?家のこともちゃんとできなくなるのでは?
これから冬になるというのに、夜中にずっと床掃除なんてしてたら、こっちがダウンしてしまうのでは?
前回きなを入院させたときは、一日中ずっと汚物処理をしてるような感じの日が続いて、私は嘔吐と食欲不振で食事を作るのもキツくなって、頭痛もおさまることがなかった。またあんな風になったらどうしよう???
先生にももういつなにがあってもおかしくない状態と言われてるし、Masaが帰ってくるまではどう考えても持ちそうにない。それならMasaがいるうちに、一緒に見送るほうが良いのでは???」
殆ど眠れなかった私は、きなのトイレの世話をしながらずっとあれこれ考え続けててました。
明け方、どうしようもない不安感でいっぱいになり、寝室に行って寝ているMasaの隣で泣いてしまいました。
それに気づいてリビングに来てくれたMasaと少し話しました。
「もう、先生のところ連れて行ったほうがいいかもなあ(きなと最期の別れをするという意味で)」と、ぼやいてしまった私に対して、「Kazukoがそう思うなら、そうしたらいいよ」と・・・。

ああ、これで本当に最後になるんだ・・そう思いながらきなをふと見てみると、しんどそうに水を飲もうとしている。
・・・でも飲めてない???
あれ、どうしたんだろう?ちょっと早めに薬あげてみようか・・と思い、まだ朝の5時半だったけど、きなの大好きな缶詰のフードを出して、中に薬を入れて食べさせてみることにした。
だけど、食べてくれない。「薬がイヤなのかな?」と思い、缶詰のお肉だけ手で丸めて口元に持って行ってみたが、食べてくれない。
何か食べられるものは??と、白ご飯を少しあげてみても、食べない。
大好きなバナナをつぶしてやっても無理。
水も飲まないし、何も食べなくなってしまったのです。


自分が最後のその決断をした途端に、きなは何も食べてくれない。
「ああ、しまった。なんてことを思ったんだろう」・・自分がそんなことを考えたことを後悔しました。
そして、Masaに「やっぱり出来ない。」と伝えました。
たぶん、この決心はもうゆるがないと思います。
最後までちゃんとみてあげるのが私の責任だし、きなもきっとそれを望んでるんだろう。
これでもう本当に、何があっても受け容れられると思います。
Masaは私を気遣い、優しく接してくれたので、夜中ずっと泣き続けててた私も少し落ち着いて、明け方少しだけ眠ることができました。


食べると大量の下痢をする。それを片付けるのがとにかく大変。また家の中で漏らされたらどうしよう?・・・ずっとそう思ってたのに、いまは「漏らしちゃってもいいから。なんでもいいからちょっとでも食べて!」と願ってます。

きなが最後に食べたのは昨日の夜ご飯。薬とほんの少量のドッグフード。
もう薬も飲めない状態です。大好物のタブポケットも無理でした。
水を飲まないので、DAKARAを買って来て水で薄めたものを少しづつ飲ませてみることに。
これだと舐める程度ですが飲んでくれるようです。
その後、少量ですが数回尿が出るようになりました。

Masaの出発日は関空まで見送りに行くので、義母が一晩きなをみてくれると言ってくれてるのですが、それも今日~明日の状況次第で、もしもとても大変な(手がかかる)状態ならば、Masaには1人で行ってもらうか、うちの母にも来てもらわなきゃならないかもしれません。

これからどうなるかわかりませんが、まずはMasaを笑顔で見送って、きなには出来る限りのことをしてあげたいです。
できたら、もう一度食いしん坊のきなに戻ってほしいなあ・・・。


病院に行ってきました

きなを病院に預けて2日経ちました。
先生が「とりあえず2日くらい」とおっしゃってたので、今日は病院に行ってきました。

続きを読む

病状悪化

ステロイド治療でしばらくの間、かなり良い状態になっていたきなですが、4日ほど前から急激に体調が悪化しました。
投薬開始からちょうど1ヶ月目くらいです。

続きを読む

ステロイド治療開始

きなの病気が悪化して半年経過しました。

膵外分泌不全と診断されてからは酵素・下痢止め・整腸剤・抗生物質の投薬でなんとかおさまっていたのですが、最近あまり良くない状態が続いてます。

高齢だし、普通に元気なときでも毎年「この夏越せるかな・・」と心配してたくらいなので、仕方がないことなんでしょうけど、やはり免疫系がかなり弱ってきているようで、薬の量も半月ほど前に悪化してきたときに増やしたのですが、効いてないようです。
体重もさらに減少・・15㌔まで減ってしまいました。

以前は毎朝トイレのために起こされる時間はだいたい5時頃だったのですが、ここ最近は2時とか3時になっていて、そのあとも2~3時間おきに起こされてトイレに連れ出すといった感じで、私も育児中のような睡眠しかとれずで毎日ぼーっとしてます 

実は、10月から約5ヶ月間、Masaが海外出張にいくことが決まってしまったので、留守の間になにかあったら??と思うと不安でたまらないのです。
いまは育児や犬の世話はMasaがだいぶ手伝ってくれているので、多少寝不足でもなんてことないのですが、これが1人になってきなの介護もこれ以上大変になったら、自分の体調管理もちゃんとできるか?と自信がなくなってきました。
Masaがいないのはちょうど冬の時期なので、子供の風邪やインフルエンザも心配だし、子供が病気になったときとか、きなが万が一の状態になったときなど、緊急を要する事態になったとき、私1人でどうしたら??などと考えるとかなり不安なのです 

とりあえず、いまこのひどい下痢と血便をなんとかしないと・・と、昨日はMasaが早く帰ってきたので病院に連れて行ってもらいました。
もう胃腸が完全に機能してない感じだそうです。
それで、ステロイド投薬することになりました。
副作用も心配ですが、早く下痢を止めてやらないと弱っていく一方ですし・・・。



ほぼ寝たきりで、階段もだんだん上がれなくなってきました。
それでも夜は2階の寝室に行きたがるので、抱っこして2階に上げてるのですが、
そのたびに「軽くなったなあ・・」と感じるのがとてもつらいです。

もう、いつ何があってもおかしくない状態です。そのときに後悔だけはしたくないから、一緒に居られる時間を大事にして、できるだけのことをやってあげたいと思います。

先日受けた健康診断の結果が郵送されてきました。

続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索

お気に入りbooks

お菓子作りの参考にしているレシピ本です。
津田陽子さんのロールケーキ生地はしっとりふわふわで割れにくくてホントにオススメ♡



最近のピクチャ

  • 2015-01-18-22-08-14_deco.jpg
  • 2007-09-14_09-23-31.jpg
  • 5.jpg
  • 2012-07-25-00-41-36_deco.jpg
  • o-25712096.jpg
  • CAM00642-1.jpg
  • 201203301918086126.jpg

Powered by Movable Type 5.14-ja