当サイトで配布している素材に利用するXMLを月別に作成する方法です。
(MTのバージョンは3.21-jaを元に説明しています)

1.MTにログインしてテンプレートの画面を開く

2.画面上部のアーカイブのテンプレート設定画面を開く

3.画面右方のテンプレートを新規作成をクリック

4.テンプレート名はわかりすい名前を自由に設定してください
  ここでは「月別XML」とします。

5.テンプレートの内容は

<?xml version="1.0" encoding="<$MTPublishCharset$>"?>
<rdf:RDF
xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#"
xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/"
xmlns:sy="http://purl.org/rss/1.0/modules/syndication/"
xmlns:admin="http://webns.net/mvcb/"
xmlns:cc="http://web.resource.org/cc/"
xmlns="http://purl.org/rss/1.0/">
<channel rdf:about="<$MTBlogURL$>">
</channel>
<MTEntries lastn="100">
<item rdf:about="<$MTEntryPermalink encode_xml="1"$>">
<title><$MTEntryTitle encode_xml="1"$></title>
<link><$MTEntryPermalink encode_xml="1"$></link>
<description><$MTEntryExcerpt remove_html="1" encode_xml="1" words="120"$></description>
<content type="text/html" mode="escaped" xml:lang="<$MTDefaultLanguage$>">
<$MTEntryBody encode_xml="1"$>
</content>
<content type="text/html" mode="escaped" xml:lang="<$MTDefaultLanguage$>">
<$MTEntryMore encode_xml="1"$>
</content>
<dc:date><$MTEntryDate format="%Y-%m-%dT%H:%M:%S" language="en"$><$MTBlogTimezone$></dc:date>
</item>
</MTEntries>
</rdf:RDF>

上記のように設定して保存してください。

以上でアーカイブテンプレートの設定は終わりです。

6.続いて「設定」→「公開」へと進み、ページの一番下までスクロールしてください。
「アーカイブ・マッピング」という項目があると思いますので、そこの「マッピングを新規作成」をクリックしてください。

7.「アーカイブの種類」と「テンプレート」というプルダウンが表示されますので、それぞれ「月別」と先ほど作成したテンプレート(ここでは「月別XML」)を選択して「追加」ボタンをクリックしてください。

8.次に追加されたアーカイブマッピングの出力フォーマットが「yyyy/mm/index.html(若しくはphp)」となっていると思いますので、そこを「カスタマイズする」を選び、

xml/<MTArchiveDate format="%Y_%m"$>.xml

と変更して保存してください。

9.サイトを再構築してください。ここで設定した内容だけなら月別アーカイブの再構築でも問題ありません。

10.実際にXMLファイルにアクセスして確認します。当サイトの2006年12月のXMLのURLは
http://www.kinarie.com/archives/xml/2006_12.xmlとなります。
以上でアーカイブマッピングを利用した月別XMLファイル作成は終わりです。