昨日は、朝から子供たちと出かけてきました。
Masaがタイに行ってしまってからというもの、一度だけ実家に帰ったくらいでどこにも連れて行ってあげてないし、Masaからも「どっか連れてってあげてや」って言われたので、先週から「土日のうち1日は近場でもいいから必ずどこかに連れて行ってあげよう」と決めたのです(自分で決めただけで、子供たちには言ってませんが)。
だからといって、屋内型の施設や大型スーパーなんかは風邪やインフルも怖いし・・
なので、屋外の遊び場やあまり人が密集してないところを狙ってるのですが。

先週は昼過ぎから舞鶴方面へドライブ。
「北海道行きたいねー」「車ごとお船に乗れるんだよ」なんて言ってたら、私が日本海フェリー見たくなったので(笑)
行ったはいいけど、肝心のフェリーはとまってませんでした、残念
でも、子供たちは近くで釣りしてる人たちを見て喜んでました。「パパが帰ってきたら、一緒に釣りしたいなー」なんて言いながら。
帰りに舞鶴の海上自衛隊通ったときにムスメが「あのおっきい船、乗ってみたいなー」と言っていたのですが、もう夕方になりかけてたので、「じゃあまた来週来ようよ」と言って帰ってきました。
 

なので、昨日は護衛船見学に行こう!と朝から張り切って出かけたんだけど・・・・
入り口に、今日は一般公開してないぞ、みたいな感じのことが書かれた紙(スミマセン、正確になんて書いてたか忘れました)が貼ってあって、入れず。子供たち、ガッカリ・・・。

行き過ぎたところで車とめて、「さぁ、どーしよ?」ってしばらく考えてましたが、思い浮かぶのは「エル・マール まいづる」くらい。ナビで検索したら約10キロくらいなので、せっかくだし行こっか~!ってことに。
途中のマーレたかたでランチバイキングを食べてから向かうことにしました。

子供2人連れてバイキングは大変かな?って思ってたけど、一番奥の席に案内してくれたし、バイキングだと注文してから来るまでの待ち時間がないから、下の子が「ゴハンーーー!マダーーー?!」って機嫌が悪くなることもないし(食に対する執着心がすごいのです)、かえって良いんですよね。
窓からは、先週見られなかったフェリー(たぶんアカシア)がバッチリ見えました 

お寿司や刺身系のものは期待してたほどのものではなかったのですが、とにかくエビチリが絶品でした
あと、オープンキッチンで焼いてる串焼きが美味しくて、何本食べただろ?ってわからなくなるくらい何度も取りに行きました。
私のおなか、エビチリと串焼きだけで膨らした?ってくらい食べました(笑)

バイキングに行くと、困るのはムスコのデザート。
ケーキ類はほとんど卵が入ってるので、無理。・・でも、私はケーキが食べたい。
だけど同じテーブルで食べてたら、当然ムスコも「コレ、ナーニ?!ホシイー!!」ってなってしまいます。だからフルーツとか卵の入ってなさそうな和菓子があるとそれをあげて誤魔化して、ささっとケーキを食べるのです。
ここのスタッフの方は親切で、聞いていないデザートまで調べて、「こちらは入ってないですよ!」と教えてくださいました(笑)

ムスメは中華饅頭(ごま団子みたいなの)が気に入ったみたいでした。
おなかいっぱい~って言ってたのに、結構大きいこの饅頭を2個も食べてましたもん。

ランチバイキング
大人 ¥2,100
小学生 ¥1,050
幼児 (3~5才) ¥500

・・・ムスメはまだ6才だけど就学前。ムスコは2才。
「3~5才」にひっかかって、あれ?いくらになるんだろう?って思ってたら、2,600円で済みました。
うちの子供たちは大人なみに食べるし、食べた内容を考える(エビチリを大量に食した)とかなりお得ですね。

食事の後、エル・マール まいづるへ。
ここへは何度も行ってるのですが、ムスメが「今日は(展示物を)全部みる」というので、時間をかけて船内をまわりました。


屋上(船上?)にて。 海風が寒すぎる!!外に出た瞬間、中に入りたくなりました  だけどやっぱり、子供は風の子。元気です。 最近、カメラを向けるとふたりとも変な顔&ポーズとるんですが、コレどうにかしてほしいです・・・。


プラネタリウムの案内が流れたので、ムスメに「どうする?行ってみる?」と聞いたら、「どっちでもいいよ~」とのこと。
実は、下の子はめちゃくちゃビビリなので、暗いところで泣き出してしまうのです。
遊園地のちょっと暗いアトラクションとかでも大泣きするので、きっと泣くだろうな~と思ったのですが、ここのプラネタリウムは格安なので、「まあ、泣いたら出てきたらいっか」と、一番出口に近い後ろの席で観賞することにしました。

席に座ったはいいけど、なかなか始まらないのと暗くなってきたのとので、ムスコはちょっと不安そうにしてました。
「ママのおひざに来る?」と聞いたら笑顔で「ウン!」と言って、すぐに乗ってきました。
かわいいけど・・・重い。でも、我慢!
とうとう上映がはじまって真っ暗になると、ちょっと不安げにブツブツ言い出したムスコ。
不安がらせてはいけないと、私は耳元で「ホラ、キレイね~」「すごいね、お星さまいっぱいね」などとささやき続けてました(笑)
そしたら、ムスコも小さい声で「キレイネー」「イッパイネー」って繰り返して、機嫌良さそうにみてました。
終盤、反応なくなってきたし、なんかダラ~ンと重たいな・・と思ってムスメに確認してもらったら、やっぱりぐっすり寝てしまったようで。
ムスメは眠いと言ってた割には真剣に見てた様子で、上映が終わると、「暗くなったら木星を探さなきゃね!」なんて張り切って言ってました。

プラネタリウムも見て、展示物も全部見尽くして、「もう帰ろっか~」とムスメに言ったら、「帰りたくないよー、ホントにまだみてないのはない?」と、1階入り口にある電子案内板を順番にぜんぶ見てました。
これもまた結構時間がかかる・・・
退屈なので、その間にインフォメーションの横の観光チラシを手に取って見てみると、14・15日は金剛院でキャンドルイルミネーションをやってるとか???
それは是非見てみたい!時計みたら16時すぎくらいだし、ちょうど良いし。
で、ムスメにチラシを見せて「ここ行ってみない?」と聞いたら「あー 行きたい、行きたい♪」と即答されました。

車に乗り込んで、再びナビで検索。
これもまた案内距離10キロくらいでした。
すぐに着くわーなんて言いながら車を走らせてたら・・・
あと500mってところで渋滞。そして400mで停滞→200m付近まで続きました
その先が細くなってるのと、駐車スペースがそれほどひろくないので、駐車場調整とすれ違い規制のための交通整理の人がいました。・・・ってことは駐車料金取られるんだろうなーと思ってたら、なんと無料でした

ライトアップはとてもキレイで、カップルもたくさん~~~いいなあ、ラブラブで 
デートだったらとってもロマンチックに見えるんでしょうけど、なんせうちはチビ怪獣が2匹・・キャンドルのまわりを走り回るもんだから、「ダメ!!端っこ歩きなさい!!」って叫んでました・・。
しっとりと観賞されてたみなさん、本当に申し訳ありませんでした

で、絶景ポイントではたくさんの人が三脚で写真撮ってました。
私も♪・・と思ったのですが、


コンデジ三脚なし・私の腕ではこれが限界です 


こっちは三重塔。



相変わらずブレブレ。下のほうをササッと走ってるオレンジの物体は我が息子です(笑)

そして、「じゃ。寒いから帰ろっか」と引き返しつつ後ろを見ると、
ムスメが「ねえ、上に行かなきゃ」って言いだしました。
そんな高い階段、無理!降りるときめちゃくちゃ怖そう・・暗いし、なんとなく滑りそうだし、やめとこうよ!!と、必死に抵抗してましたが、そんなことお構いなしで「ねぇママー、早くー!!」って数段上から叫んでるマイペースなムスメ 
つられて、「オネエチャーン、マッテーー」とムスコも後を追い始めます。

実は私、高いところ(落ちたら大変なことになりそうなところ限定。ガラス張りとかの安全なところは割と平気)がニガテなのです。
ここの場合、落ちたらかなりの確率で重症 もしくは・・・・。だと思うのです。
もしもムスコが降りるの怖いとか言い出したら、抱っこして降りなきゃ?そんなの無理!!!・・ってやめさせようにも、既にもうどんどん上がって行ってるので、慌てて追いかけていきました。


なんとか上りきり、参拝後、「どうやって降りよう・・」と考えていると、またもやムスメが「ママ~、早く!!!」って数段降りたところから叫んでます。



私は下を見ただけでクラクラきそう!とにかく暗くて足場が悪いから、油断してるとホントに転げ落ちそうで。ムスコが落ちたら大変なので、私はムスコの数段下に立って両手で手すり持って後ろを向いたままゆっくり降り始めました。周りの人たちは「小さいお子さん一緒だと大変ね」「がんばって!」「ボク、えらいなあー」などと暖かい声援?を送ってくれてましたが、私はムスコが落ちたらどうしよう??と気が気じゃありませんでした。

あと数段ってところで気を抜いたうちのムスコ。足を滑らせそうになってました。危ない、危ない・・・。
なんとか降り切り、無事に車に到着。
帰りもすれ違いでまた渋滞かな?と思ってたけど、まだ18時くらいだったので来る人より出て行く人のほうが少ないので、すんなり。

朝から晩まで私だけで子供2人連れて出かけたのははじめてかな?
さすがにちょっと疲れましたが、Masaがいない間に寂しい思いをさせないよう、またどこか連れて行ってあげようと思います。

今週末はうちの実家とMasaの実家のハシゴしようかなーなんて思ってます。
せっかくの連休だし、両方泊まりでお世話になろうかな・・と

自衛艦見学はまたそのうちに・・赤れんがライトアートとセットで行ってこようと思います