Flash 一覧

カルドセプトのブック構成を画像で出力できるツールをFlashで作成しました。

ブック構成画像作成ツール


 
こんな感じの画像が作成できます。
   ↓


ちなみに、このブックは少し前にマップ「Q」で使用したものです。

ブログなどでブック構成を公開したい場合に利用してもらえればと思います。
まだまだ改良していく予定なので良い意見があれば、コメントください。

最近のFlash作成はFlexSDKを利用してFlashDevelopで開発しているのですが、このようにActionScriptのみ開発している場合のフォントの埋め込む方法の覚え書きです。

続きを読む

ActionScript3.0の練習でフォトリーダーを作っていたのですが、とりあえず納得出来るところまで出来ました。

コチラから見れます。

続きを読む

AS3での外部XMLの読み込み

  • Flash

AS3の勉強として当サイトで公開しているブログ用フォトリーダーを作ってみようかと思います。
まず外部XMLを読み込むasを作りました。

続きを読む

先日のこちらの記事にもあったように、MT用Flashカレンダーが紹介されました。ってもう作ってから一年以上経っていますね(笑
そういうわけで、いい機会なのでFlashで何か作ろうかな~っと色々調べてみると、この前発表されたばかりだと思っていたAS3.0が一般的になってました。きちんとAS2.0も理解していないのですが、とりあえず無料でAS3.0の開発ができるっていうFlashDevelopをインストールしてみました。

適当に検索しながらインストールしてみたところ、特に問題なく完了。

参考にしたサイト
http://blog.bk-zen.com/2007/12/07/36/

調べているうちに日本語が使えないとか書いてあったので、本当に使えないかどうかも確認もせずに
http://code.xenophy.com/?page_id=20
で公開されていた日本語化設定XMLを入れてみました。beta2の時に作られたものだったのですが、まぁ大丈夫かなと。
で、実際起動してみたところ、エディタ部分は日本語が使えましたが、メニューは日本語化出来てませんでした。
英語は苦手ですが、なんとなく意味は解かるのでメニューは英語のままで使うことにします。

あと起動してからの設定(F10を押すと出てくる)で、左のPluginsのas3Contextをクリックして右に表示される中のFlex SDK LocationにFlexSDKフォルダのパスを入力しないとダメみたいです。
ちなみに僕の場合はC:\flex_sdk_2 になっています。

今のところ、これでうまく動いています。
ちょっと使ってみたのですが、コード補完がすごくて感動です。
さぁ頑張ってAS3の勉強しますか。

ひさびさにFlash素材を作成してます。
Flashメニューにブログの記事に使っている画像を表示できるようにしました。
作成中のサンプルはこちら

仕様(予定)
 ・メニューの数、文字色、マウスに追従するカーソルの色が自由に設定できます。(制限あり)
 ・マウスに追従するカーソルの色はアルファ(透明度)が40%です。
 ・好みの背景画像(JPG)が使用できます。
 ・画像に合わせて自由に大きさを変更できます。
 ・トップへのリンク付きのタイトルを表示。サイズ・位置も変更できます。
 ・タイトルはアニメーション付き。(OFF可能)
 ・記事中の画像をランダムに表示(4枚)

バージョン1.2からの変更点は記事に使用している画像の表示です。
表示できる画像については当サイトで配布しているフォトリーダーに表示できるものと同じです。
MT以外のブログサービスでも仕様できるのですが、画像がRSSに含まれるものに限られるので微妙かも知れません。
MTの場合はXMLを作成する場合にカテゴリー指定などを利用することもできます。
上記リンクのサンプルは当サイトの「今日のおやつ」のカテゴリー指定で表示しています。

最近、画像にJPGだけでなくPNGを使う人が多くなってきているのでPNGにも対応したいですね。

Flash天気予報が1.10から1.20へバージョンアップしました。


仕様
 ・指定した都市の天気予報を表示します(最大10件)
 ・表示する情報は天気、最高気温、最低気温の3つです。
 ・天気予報のデータはlivedoorのWeather Hacksを利用しています。
 ・設置場所はPHP,SWFがアップできる環境に限られます。

注意事項
 ・仕様にも書いていますがXMLデータ取得のために簡単なPHPを利用していますので設置するサーバーがPHPに対応していないといけません。
 ・天気予報のデータはlivedoorのWeather Hacksに依存していますので、向こうの仕様が変わったりサービスが休止すると表示されなくなります。
 ・アップロードするswf、phpファイルは同一ドメインである必要があります。

バージョンアップによる変更点
 ・アイコンに少しアニメーションを入れました。
 ・最初に表示される時と都市変更の時に一瞬アイコンが大きく表示されるのを修正。
 ・PHPファイルの変更。


要望、コメント、バグ報告等、遠慮なくお願いします。


flash素材ページ

MT用の素材の通常型Flashカレンダーが3.00にバージョンアップしました。

仕様
 ・MovableTypeから作成されるXMLファイルを読み込んで、カレンダーを表示します。
 ・カレンダーの日付はその日のエントリーへのリンクとなっています。
 ・エントリーのある日と今日の日付に色が付きます。
 ・エントリーのある日にロールオーバーするとその日の記事のタイトルが表示されます
 ・フォントの色、エントリーのある日付、今日の日付の色をそれぞれ自分の好みの色に設定できます。

前バージョンからの変更点
 ・文字の色が変更できるようになりました。
 ・XMLを月ごとに読み込むようにしました。(MTのアーカイブマッピング機能を利用)
 ・月送りボタンのデザイン変更
 ・月の表示を英語と数字を選べるようにしました。
 ・タイトルが表示されるタイミングを少し遅くしました。
 ・エントリーのある日及び今日の日付のデザインを追加しました。


ダウンロード、設置方法、サンプルはこちら

久々に通常型のバージョンアップです。基本的な仕様は横型カレンダー3.00と同様となっています。
前バージョン(2.00)はこちらにありますので、どうしても上手くいかない場合はご利用ください。


フラッシュ素材ページ

SWFObjectを使ってみました

  • Flash

当サイトで配布しているFlash素材ですが、設置方法に書いてある通りに設置するとIEでの表示の際に
「クリックするとこのコントロールをアクティブにして使用します」(IE7の場合)と表示され、一度クリックしないと使用できないようになっています。

それを回避するためにJavaScriptでFlash表示していたのですが、最近別件でいろいろ調べていたら、「SWFObject」が現状でのswfファイルの表示に最適ではないかということが書かれていたので早速試してみました。

続きを読む

当サイトで配布している素材に利用する月別XMLを一部修正しました。
前にも作成している人はテンプレートの中のみ変更でOKです。
(MTのバージョンは3.21-jaを元に説明しています)

1.MTにログインしてテンプレートの画面を開く

2.画面上部のアーカイブのテンプレート設定画面を開く

3.画面右方のテンプレートを新規作成をクリック

4.テンプレート名はわかりすい名前を自由に設定してください
  ここでは「月別XML」とします。

5.テンプレートの内容は

<?xml version="1.0" encoding="<$MTPublishCharset$>"?>
<rdf:RDF
xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#"
xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/"
xmlns:sy="http://purl.org/rss/1.0/modules/syndication/"
xmlns:admin="http://webns.net/mvcb/"
xmlns:cc="http://web.resource.org/cc/"
xmlns="http://purl.org/rss/1.0/">
<channel rdf:about="<$MTBlogURL$>">
</channel>
<MTEntries lastn="100">
<item rdf:about="<$MTEntryPermalink encode_xml="1"$>">
<title><$MTEntryTitle encode_xml="1"$></title>
<link_daily><$MTEntryLink archive_type="Daily"></link_daily>
<link_Individual><$MTEntryLink archive_type="Individual"></link_Individual>
<description><$MTEntryExcerpt remove_html="1" encode_xml="1" words="120"$></description>
<content type="text/html" mode="escaped" xml:lang="<$MTDefaultLanguage$>">
<$MTEntryBody encode_xml="1"$>
</content>
<content type="text/html" mode="escaped" xml:lang="<$MTDefaultLanguage$>">
<$MTEntryMore encode_xml="1"$>
</content>
<dc:date><$MTEntryDate format="%Y-%m-%dT%H:%M:%S" language="en"$><$MTBlogTimezone$></dc:date>
</item>
</MTEntries>
</rdf:RDF>

上記のように設定して保存してください。

以上でアーカイブテンプレートの設定は終わりです。

6.続いて「設定」→「公開」へと進み、ページの一番下までスクロールしてください。
「アーカイブ・マッピング」という項目があると思いますので、そこの「マッピングを新規作成」をクリックしてください。

7.「アーカイブの種類」と「テンプレート」というプルダウンが表示されますので、それぞれ「月別」と先ほど作成したテンプレート(ここでは「月別XML」)を選択して「追加」ボタンをクリックしてください。

8.次に追加されたアーカイブマッピングの出力フォーマットが「yyyy/mm/index.html(若しくはphp)」となっていると思いますので、そこを「カスタマイズする」を選び、

xml/<MTArchiveDate format="%Y_%m"$>.xml

と変更して保存してください。

9.サイトを再構築してください。ここで設定した内容だけなら月別アーカイブの再構築でも問題ありません。

10.実際にXMLファイルにアクセスして確認します。当サイトの2006年12月のXMLのURLは
http://www.kinarie.com/archives/xml/2006_12.xmlとなります。
以上でアーカイブマッピングを利用した月別XMLファイル作成は終わりです。

このページの上部へ

サイト内検索

お気に入りbooks

お菓子作りの参考にしているレシピ本です。
津田陽子さんのロールケーキ生地はしっとりふわふわで割れにくくてホントにオススメ♡



最近のピクチャ

  • 2015-01-18-22-08-14_deco.jpg
  • 2007-09-14_09-23-31.jpg
  • 5.jpg
  • 2012-07-25-00-41-36_deco.jpg
  • o-25712096.jpg
  • CAM00642-1.jpg
  • 201203301918086126.jpg

Powered by Movable Type 5.14-ja